内田医師

オンオフ切り替えやすい環境で幅広い知識を身に付ける。

医師(2021年入職)

入職のきっかけは?
大学病院で呼吸器外科として勤務していましたが、訪問診療の必要性を感じることが多く、まずはやってみようと転職を決意しました。入職前にも非常勤医師としてお世話になっていたので、配属後もすんなり業務に入ることができました。

訪問診療は診療所や病院と違って検査のハードルが高く、自分の診察から得られる情報が一番重要となります。それゆえ、病態把握に必要な幅広い知識や診断能力が身に付きましたね。簡単に専門科へ紹介して受診、ということができない在宅の患者様のために、なるべく自分でも専門科以外の疾患も診られるよう努めています。
インタビュー画像
奉志会 在宅診療部の魅力は何ですか?
ちょっとしたことも上司に相談しやすく、先生同士もそれぞれの専門知識を共有し、助け合いながら働けています。風通しの良さは大きな魅力ですね。看護師や事務とチームで動くので、車での移動時間に積極的にコミュニケーションをとり、良い雰囲気の中で働けるよう意識しています。

また奉志会ではオンコール専門のドクターが配置されており、基本的に当直勤務はありません。オンとオフがしっかりと切り離されているのは、訪問診療の業界では非常に珍しいのではないでしょうか。働く人のことを大切に考えてくれているクリニックだと感じます。
インタビュー画像
入職を考えている方へメッセージをお願いします
高齢化社会真っただ中の日本では、受診したくてもできないという高齢者の方がたくさんいますし、これからますます増えていくでしょう。在宅診療は、そういった人たちが苦痛を我慢しながら生活するのを少しでも和らげてあげることができる、やりがいある仕事だと思います。また、generalist になることも求められるので、皮膚科や耳鼻科の知識、整形外科の知識さえも、身に付けることができるの魅力の一つです。
訪問診療の分野はまだまだ発展途中。少しでも興味があれば、まずは習うより慣れろ、です!一緒に訪問診療の未来を考えられる人に出会えるのを、楽しみに待っています。
インタビュー画像